手作り小屋


手作り家具を作ってからというもの、木工に火がついてしまいました。 そして究極の木工・・・家を自分で作ってみたいと思うようになりました。 まずは手始めにちょっとした小屋を作って見ることにしました。 雑誌に「梯子ハウス」という梯子を組み合わせてつくる小屋が載っていました。 2×4のようなものですが、これを参考に作ってみることにしました。
建築基準法によると10平方m以内は確認申請が不要ということで、それ以内で作ることにしました。

2001/12/2(日) 小屋を建てるとはいえまずは地鎮祭 なぜか母が猿田彦神社のお砂をもっていたので、それを撒きました。

基礎からはじめました。 これが思ったより大変でした。何が大変だったかというと水平をだすことが思ったよりも大変でした。 はじめは水平器を使っていたのですが、ちょっとづつ狂ってくると最期に大きくずれてくるので結局ホースに水を入れて水平をだしました。 穴を軽く掘り、座利をいれ自然のタンパー(ちょっと太目の松の木を切ったもの、枝の部分がちょうど持ち手になってばっちり)でしっかりと固めました。座利も買うと結構するので、そのあたりの石を拾っていれました。その上にコンクリートを流し込みその上にコンクリートブロックを置き、その穴にアンカーボルトをいれてコンクリートで固めました。

12/2-8
こんな梯子を2×4材(6Feet)でいくつも作りました。 これを組み立てていくとほら、もうそれらしい形ができてきました。 基礎の段階では小さいかなと思いましたが、立体的になってくると結構大きなものになりそうです。

12/9(日)
朝から小屋作り、やりたいことがあるときは目が早くさめます。5時半に起きていろいろ思案。 壁の骨組がほとんど完成、合板を貼ってだんだん小屋らしくなってきました。 ゆするとまだグラグラします。こんなんでいいのでしょうか?
12/16には外壁用の板と窓を購入予定。それまでにそこそこ作っておきたいところです。



148.9 KB

149.3 KB

76.3 KB

129.2 KB

29.9 KB

88.0 KB

108.4 KB

123.6 KB

93.9 KB

126.6 KB

105.0 KB

89.6 KB

40.3 KB

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO

NEXT

index